大会当日、ハンブルグから来た酔八仙拳使い

9時28分に目が覚めます、それは9時半に目覚ましをあわした2分前ですな。
こういったイベントでは目覚まし要らずで目が覚めます、シャワーを浴びて
バナナとカロリーメイトを食べてエキスポに向かいます、案の定
選手、役員らは急な変更で大わらわになって予定を少し押しているみたいです。
運転手のタクはピッツバーグのアンディ ウォフォールの美術館と
ピッツバーグの市内観光をしてきます〜、っと元気よく去っていきます。

今回は12歳以上18歳以下の選手も同じカテゴリーに入ってるみたいで
16歳ぐらいの子やったら、俺の年の半分やがなっと苦笑いでストレッチを
始めます、目が真っ赤に充血している以外はそれほど身体はきつく
ないようで、一本目の演武は上級素手部門で今年は白猿拳です、背中と
肩を中心にストレッチをこなします、ざっと周りを見渡すと4.5人上手い
人間がおりますな、一人ハンブルグ武術チームのトレーナーを着ている
白人の兄ちゃんが最大のライバルかなっとどうやら酔拳をするみたいで
上手いけど酔拳では俺の白猿拳には勝てないやろうっと高をくくります。

試合が始まり、緊張した空気が会場に流れます、酔八仙拳の兄ちゃんが
3番目ぐらいに演武をします、出だしを見た瞬間に「やばいなあ」っと
めっちゃ上手いではありませんか、だいたい試合で酔拳をする奴は
緊張して「ドリフのカトちゃん」になってしまうのがオチなんですが
教材ビデオレベルの酔拳をしよります、あとは相手の演武を
見ないようにして拍手喝采が送られて演武がおわったようです。

名前を呼ばれて8番目でしたでしょうか、3連覇のかかった白猿拳が
うなりをあげて会場にたたく音が響き渡ります。半年以上練習した拳
ですので、身体が勝手に動き腕がうなりをあげて振り下ろされます。
完璧な出来やったと思いますが、さてどうかな。今年はジャッジに
兄弟子のスコットがいませんで、ジャッジの採点を待ちます、酔拳の
兄ちゃんと同点ではありませんか、これはどうなるのかっと思いつつ
一番最後の鷹爪拳のニキビ面の若い子も同じ点で3者横並びになり
最後の表彰を待ちます。

最初に鷹爪拳のニキビの兄ちゃんが呼ばれて、3位で
僕が呼ばれて2位になりまして、上級素手部門3連覇の牙城が崩れ去った
瞬間でありましたな、同点優勝違うのかいっと文句をいいたいところですが
まあええですな、たぶんメインジャッチの点が向こうの方が高かったのやろ
っとあきらめます。

つづく……………………..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です