ひさしぶりの修理依頼

Mac修理依頼されました。Mac os8.1ぐらいから直してますので、ジョブスの復帰前といえば、その古さに察しがつくでしょうか。話をしたときにログイン画面のパスワードを忘れたのやろうと思っておりましたが、すこし違うようです。Macが立ち上がったら、こんなんになると奇妙な画面の添付で送ってきます。 たしかターミナル叩いて裏から入ったらよかったかなと、実行する前に少し考えます。Macの修理で間違った方向で作業を始めると、ものすごく時間がかかります。クリック1つで3時間などざらにありますので、ニューヨークで出張修理の場合はなるべく触らずに直すをモットーでやっていました。遠方なので電話のやり取りで、まず鉛筆と紙を用意するように伝えて一つずつログインとパスワードを番号つけて覚えているの書いていくように説明します。だいたい5つぐらいの組み合わせやからと説明します。

この状況で一番早いのはログインとパスワードがわかることですが、わからんとのことです。次はターミナルを叩いて裏から入る方法ですが、これはパスワードを忘れた場合でログインとパスワードが同時にわからない場合がネット探してもありません。しょうがないのでappleに連絡して状況を説明して話をききますが、appleの兄ちゃん2.3人に聞いてもわからないということで、ただapple careの兄ちゃんらもテック成熟度、もしくは現場の場数を踏んでいる人間は説明がきめ細かではありましたが、知識は良くて私と同等でした。こんな時にはマンハッタンTekserveの兄ちゃんに聞くの一番でした生粋のApple Geekがいて知識量は半端なかったです。本当にTekserve閉店が悔やまれます。

昨年は何とかバックアップだけは取りましたが、今年は家に持って帰ってきて、手術と入院です。

ファンの動きがちょっと重たく熱暴走しそうな感じでした。開けますと、ほこりと砂だらけでありました。まずは掃除をしながら、各接続部分の緩み等がないか確認します。これはなぜかといいますとMacbookproの下に4点ゴムがついているのですが、3点外れてました。これはファンが回るとそこの穴から埃や砂を吸い込んでしまっていたのです。ファンの埃は鍾乳洞の氷柱みたいになっておりましたが、綺麗に掃除します。ssd hddを搭載しようとしたら、マザーボードからエラーが出るでの通常のHDDに変更して以前使っていたHDDを外付けにして使うように説明します。シリアルコードから最適なosを選んで載せ替えます。当初は以前使っていたアプリも使えるように古めのosを選ぼうかと思いましたが、依頼人が最新osが良いということで、このmac bookproに最適なOS X El Capitanを搭載しました。

元々付いてたHDDも読んで一件落着やな

穴も塞いでこれで安心。梱包は投げて壊れないようにしっかりしたので、大丈夫かな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です