我が師、呂耀鉄師父の話

萬籟聲師父の練習は非常に厳しいものだったと呂耀鉄師父聞きました
例えば動作を見せる時は一回だけ見せて覚えられないければ
教えなかったそうです、非常に緊張感があったそうです、その
練功を26年続け晩年まで毎朝4時に起きて功夫をしていた
のです、多くの武術家に出会いましたが、本当に圧倒的な功夫でした
フランス、オーストラリア、日本で萬籟聲師父の高弟っと言っておられる
方もいますが呂耀鉄師父が偉大なところは長きに渡って練習に耐えた
その継続の力だったのです、そして26年後に正式に自然門を継承されました。

武術家の旬はおよそ60才から80才だとされておりちょうどその時の萬籟聲師父
から26年の長きに渡って学んだ呂耀鉄師父は稀有の幸運だったと思われます。

自称高弟とされている方は萬籟聲師父の晩年のワークショップにて
習った人か、もしくは晩年に習った方々で我々(呂派)自然門と風格が違っております
専門的に少し説明しますと、晩年は重心が高く、身体が開き気味になっています
従来、重心をもっとも低い位置に落としそれから体重移動や突きや蹴りをする
ことによって功夫をつけるのですが、高齢になった萬籟聲師父はあまり
重心を下げることが出来なかったと呂耀鉄師父はおっしゃっていました。
萬籟聲師父が60才ぐらいの時のスタンスは非常に低く安定していたということです
武術は元来、黙念師容で良き手本を頭に残してそれを真似ること
でありますので高名な萬籟聲師父を皆が盲目的に模写したのがわかります

下の萬籟聲師父の写真70年代と90年代は身体の置き方が変わって
います、これは良し悪しでなく年齢と共に剛拳から柔拳に変化したのですが
呂耀鉄師父はこの剛拳から柔拳の流れも学ばれております、また20歳ぐらい
だった呂耀鉄師父は60才以上の萬師父に足腰の強さで勝てなかったと言って
おられました。

さて呂耀鉄師父が長きに渡って偉大な武術家萬籟聲師父に学べたのか、それは
1966年からの十年間文化大革命が起こり、公で武術の練習はご法度になったのです
ところが呂耀鉄師父の家の隣が萬籟聲師父だったというが幸いし10才ぐらいから
武術が学べたとようです、そして独立に26年要したのは武術は当然として
東洋医学、漢方、長寿学、推拿、陰陽五行、道教なども学んだそうです、事実
自然門推拿医療所を開いておりました。

その師父の元、一番いい時期に学んだのは私の財産になっております
少しでも呂師父に近づけるよう精進したいと思います、また資料など出てくればお話いたします


万籟聲師父監修のもと武術学院が組織され
呂耀鉄が責任者となり多くの生徒を監督指導する
80年代


80年代


万籟聲父師の助手をする呂耀鉄師父(左)
90年代


萬籟聲師父と呂耀鉄師父の実践見本
90年代


秘剣 馬牙刺剣
2000年代


万籟聲父師の奥さんと息子さんと呂耀鉄師父
万籟聲の息子さんから「父にもっとも武術が近い人物」と賞賛を受ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です