自然門武術 四代目 呂耀鉄(ロ ヨウテツ)


80年代後半

1949年福建省 福州市出身
幼少から萬籟聲師父(バン ライセイ)26年間の 長きに渡って自然門武術を学ぶ
37歳(1986年)萬籟聲師父から正式に独立を許され 自然門武術館の設立
武術、東洋医学、漢方、長寿学、推拿、陰陽五行、道教など
(萬籟聲師父が唯一独立を許した人物)

37歳(同年)福建省武術学院責任者となり多くの生徒を監督指導する
37歳(同年)萬籟聲師父共に日本、台湾、中国の武術文化交流をする
41歳(1989年)福建省の伝統武術を代表して最上級部門で優勝
42歳(1990年)日本に招かれて六合拳の演武し賞賛される
45歳(1993年)中国、香港合同国際武術大会で金メダル5つ獲得
64歳(2013年)交通事故で亡くなる

* A級国際武術審判
* 福建省武術議会理事
* 福建省人体科学協会理事
* 福建省気功協会理事
* 自然門武術本部代表 正統四代目

呂耀鉄 設立
自然門武術館
萬籟聲 題

呂耀鉄師父以外にこの書を萬籟聲師父から受け賜った人物はいない


萬籟聲師父の代理で武術大学で生徒を指導
80年代後半


萬籟聲師父と呂耀鉄師父
80年代後半


呂耀鉄師父と私(林隆志)日本自然門武術
2009年3月


90年に日本に来られて演武をしていますが、福建福州市から
あまり離れられなかったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です