NYマラソン

今週の日曜日はマラソンがありますので、武術の練習は無しですよっと
生徒らに連絡を入れようかと思っていたところ、NYCマラソンにて
心不全で一人の競技者が亡くなったというNEWSをテレビで
見まして一人「今年は土曜日にマラソンをしたのや〜」と早合点したのが
悪かったのです。 日曜日いつもの最寄りの駅からセントラルパークの
向かいますにやたら人が多いなあ〜、ポリスもおるなあ〜なんて
思っておりましたらマラソンしてるではありませんか、しかもゴール付近が
いつも練習するところでありますゲートの入り口はマラソンランナーしか
入れないようになっておりまして、さてさてどうしたものかと生徒らに連絡をいれ
「先生〜、セントラルパークに入れません〜、どうしましょう〜」っと云われても
どうしようもないのですが、冷静に現在地を連絡してとりあえず落ち合う
ようにします。一人の生徒は「今日の練習は断念します〜」
と断りの連絡がはいりました。とそのくらい人、人、人でごった返して
おりますさながら初詣で、はぐれたツレを探すそういった心境でございます。
さてとりあえず生徒らを確保しましてセントラルパークのロッククライミングする
場所の前で練習をしますかじかむ手で棍をブンブン回します、生徒が少ないので
ギッチリガッチリ教えていきますあと2回で終るかな、あとは寒くなる前になんとか
一通り教えたいですがどうでしょうか。

ちなみに今週もセントラルパークの掃除のおばはんに
「お前ら危ないから向こうの陰で練習しろ」っと注意されまして素直に従います
気持ちは「ちきしょう〜、このおばはん」と罵っても「わかりました」と
二つ返事でございます。16歳の時に京都の淀の競馬場で馬券を買うときに
「兄ちゃんあんた、干支、何や」と聞かれ
「え〜っと、うるさいオバハン、馬券買わせ」
まあ「え〜っと」と云う時点でアウトなんですが、威勢のいい啖呵を切ったのは
今は昔でございます。不遇の境地からいつになったら脱せれるのでしょうか
我ながら乞うご期待でございます。

現場にはトムクルーズも居たみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です