Sakura Matsuri at Brooklyn botanical garden


「舞台袖から漂う緊張感が良いですな。」


「生徒の面々と座長の加世田君」

ブルックリンで毎年桜祭りが行われてまして、今年は自分の
武術生徒らも出し物に呼ばれまして、観に行ってまいりました。
土日に行われたこの催し物ですが、2日で約8万人ほどの
人で会場はあふれんばかりの人でございました。

さて前日は送別会がありまして、遅くまでダウンタウンで飲んで
まして、ほとんど寝ずに朝シャワーを浴びましたら、鼻血が出まして
一瞬行くのをやめとこうかなと思いましたしけど、生徒らの
舞台ですので、思いとどまり鮭おにぎり片手に一路ブルックリンに
向かいます。

「桜祭り」と銘打ってますので、日本色を出すべく自分は寅一の
超超超ロングニッカポッカ(主にとび職らの人がはくズボン)を
はいて、上着はボアのついたドカジャンを着ようと思いましたが
ここまでしたら、やり過ぎやので迷彩服を着て会場へ

和太鼓と武術のコラボでして、舞台のそでから、いつものように
かたずを飲んで先生舞台を観ます、南拳、長拳、酔拳、八卦掌
棍といった型の合間に和太鼓を叩いてまして、大丈夫かいなと
先生気もそそろになりましたな、大きなミスもなく無難にこなし
大きな拍手で舞台からさがる姿は皆誇らしげでありました。
寝ずに来た甲斐がありました。

帰りにメンバーと皆でブルックリンのオシャレなテラスのある
店により、坊主で寅一はいた自分とこれまた、いかつい顔した
加世田君と並んでテラスに並んで飲む姿やはり少し滑稽だった
ように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です