風になった日、その2

免許センターで名前を云ってもらえればすぐに対応出来る
ようになってますのでっと最後の会話でありました。

当日、免許センターの窓口脇のドアから入って行って
奥の部屋に通されます、「さて、いよいよやな」っと
こちらも気を落ち着かせます。
「ですので、昨年のまでなら、自動二輪の免許を書き換え
出来たのですが、今年になりましたので、書き換え出来ません」

「理解出来ましたでしょうか」っとあくまで低姿勢で
ワタクシを丸め込みにかかって来ておりますが、だてに
14年ニューヨークでもまれてきておりません、偉いさんが出て来て
低姿勢に感激して「そしたら、わかりました」など云うわけありません。
「あなたが云っていることは理解したが、承服は出来ない
これは私のミスでなく、あなた方のミスなのだから」

「いや、そういわれましても」っとこれでおよそ20分ほど
やりとりをします、ではとりあえず普通免許の書き換えの
作業をいたします、っとまた部屋の隅でおっさんら
雁首揃えて話しております。

「お忙しいと思いますが、二輪に乗ってもらいますが
ご自信はありますか」このガキ、俺に向かって自信があるかと
云って来よりますも、顔色に出さずに
「大変結構です、今すぐにでも乗らさせてもらいます」
っとこういうこともあろうかと、コーナンで買った革手袋を
(革手袋半額だったので購入)これはかっこよろしいですなあ〜。
っとオベッかまで云ってきよります、ええ大人が恥ずかしげもなく

さて、最後にバイクに股がったのは、何年ぶりだったでしょうか
間違いなくアメリカ行っていた期間は乗ってないので最低14年ぶりの
ライディングであります。

続く………

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です