殺しの調べ

pedro
「兄弟ペドロと街の暴漢にしか見えない私、写真写りもほどがあります」

時間の合うときにときどき兄弟のペドロと練習します。
お互い予定がなければ軽く4時間ぐらい練習をします
さすが元ベネゼエラの鬼軍曹で劉雲樵大師の直弟子で
あります。八極拳について彼曰く

“No Chance”「ノーチャンス」

これは対戦相手に投げかけられた言葉です。
相手が戦闘に参加するという機会がないという意味です。
そのときは倒れているっといった感じで説明してくれます。
ペドロみたいなのが八極を使ったら大変です、すでに数回い
ぶっ飛ばされてますが

4時間もそんなに練習出来るのかと思われますでしょうか
そこは鬼軍曹でございます、合間合間に八卦掌の歩行を入れたりします。

他に一緒に練習するのはこれも北京武術大学で現代武術を学んだ兄弟で
今は伝統武術の自然門、万籁声師父直系のこの兄弟の腕とすねはカチカチで
対打をしたらあざだらけになります。とそれを踏まえて現代武術の
動きに仕組みを考えて教えるように最近はしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です