チャンスは転がっているか、否か

諺に「田舎の3年、京の昼寝」とあります。
田舎にいるより京都で昼寝してる方が価値があるということですが
ウチの武術生徒らは舞台、役者関係の人間が多いのです。
昼間はレストランで働いておりますして、ニューヨークですので
有名人とよく遭遇するそうです。グリーンディスティニーの監督
アン リーがよくラーメンを食べに来てた、渡辺謙さんが来た
パーティーで宮本亜門が居たっとチャンスはゴロゴロ転がっております。
かく言う私も、小池栄子嬢や松田君(松田優作の息子)藤原紀香嬢に
あって話しをしたりしてます。友人のミクニちゃんもここニューヨークで
坂本龍一氏のパーティーに行ったらBjorkが居て挨拶したと
云っておりました。

「売り込まんかい〜」
とワタクシ、彼らに一喝いたします。名刺がないからあ〜
「作らんかい〜」
とまた一喝でございます。

例えば、アン リー監督に名刺を渡したときに
「明日オーディションだから、来たらいいよ」
って云うわれるかもしれません、そのとき
「僕、武術してます」と何でも云ってしまえばいいのです。
あとはもぐり込んでしまえばよろしいかと思います。

「田舎の3年、ニューヨークで冬眠」

夢を追っている人間は、そんな風に冬眠してはいけません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です