笑顔との引き換え

ここ4年ぐらいは夏の武術大会に向けて7月、8月は猛烈にトレーニングして
おりましたが、今年は6月、7月の漫画キャンプ in Brooklynが忙しく
なおかつその大事に時期にトレーニングとお金が出来ず、苦渋の決断で
断念した今年の夏の武術全米大会でしたが、現在もその漫画キャンプの
余韻を引きずりデザイン関連の仕事が大変でございます。
これは加世田君(漫画キャンプの同僚兼劇団代表)に愚痴の一つでも云って
胸のつっかえを取ってしまおうと思ったのですが、のど元に仕掛けた愚痴を
云うおうと思いきや

「いやあ、俺は、何も食べてないのに下痢や」

っとあちらは精神的に参っているようであります、多くの劇団員を束ねつつ
アメリカ人、中国人、日本人とバックグランドの違う人間が集まって劇を
あげていくのですから気苦労もたえないのです、それに大事な準備期間に
漫画キャンプの先生という無謀な試みを行なったツケがまわってきたのです。

「頑張ったら、何とかなるで、世間がお前について来てないだけや」っと
すっかり励ましているワタクシがいるのです、のど元に仕掛けた愚痴も
サイトのお金をちょっとでもくれっということも精神的に参って下痢に
なっている人間にはさすがにワタクシも云えません、お互いこうなったのも
漫画キャンプのせいだと分析するのですが、初夏のある漫画キャンプの日に
加世田君がこんなことを云っておりました。

ツヨシ「子供の笑顔をみたら、まあええっかあ〜、って気分になるな」
タカシ「せやなあ〜」

そのときにまさか一ヶ月後に神経性の下痢になるなんて、モニターの
見過ぎで目を閉じたら星が飛んでるなんて思いもしなかったはずの
おっさん二人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です