キックの鬼

ダウンタウンのcanal stとb’wayの少し上に位置するタイ式キックボクシングの
ジムに行ってまいりました、普通のトレーニングのジムと併用になってますが
7割のスペースがタイ式のジムになっております。思うにタイ式ありきで
出来たジムだと思われます。

クラスは7時からですので30分前に赴きストレッチや他のジム生徒の動きを
チェックします。友人はバンテージを入念に巻いており、それを眺めるに
気持ちも高ぶります。

コーチ陣は6名ぐらいだったと思います、今回教えてもらったコーチが
一番ベルト(チャンピオン)を巻いた写真がある兄ちゃんでした。

最初はシャドーが、およそ5ラウンド、相手がマスボクシングが3ラウンド
ミット打ち4ラウンドの、逆にミットを持って相手から受けるのが4ラウンド
左右前蹴り50回できっちり1時間でした、あっと云う間でしたね。

やはりジャブが難しいですな、左を制さないと世界は取れないのです。
あとはコーチの姿勢を凝視してましたが肩に力を入れず、あごを少し引き
拳に力を立ち込め、半身ですがオープン気味の立ち方でした、横柄な
物言いですが、このコーチは上手いでしょう。目線、肩、腰がきっちり
してますな、まあ何の武術もこれが基本でしょうが。
この立ち姿がきっちり決まりつつジャプ、ストレート、ラウンドキック
肘、前蹴りと姿勢を壊さず繰り広げるようになるのに、そうですねえ
週3回でざっと3ヶ月でしょうねえ、ですがやはりミット打ちでは
満足できませんねえ、身体と首とすねを鍛えてリングにあがりたいと
強く思いましたが、10年ぶりのキックでして、基本はやはり走って
スタミナをつける事でしょうかね。背中の肩甲骨の周りの筋肉が
久しぶりに筋肉痛になりまして、その痛さが我ながら微笑ましいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です