サビサビ南部鉄瓶復活の代償

鉄ブラシでサビを落として雑巾で拭いて下準備をしっかりしたところに、高温に熱された備長炭と一緒に南部鉄瓶をカンテキの中に投入します。2時間ぐらい熱して、鉄が赤くなっています。そしてチューブ入り漆をハケでしっかり塗り、もう一度カンテキに突っ込んで2時間ぐらい熱します。翌日冷ました鉄瓶を磨いて、すっかり蘇りましたが……

漆にかぶれて痒い、痒いになっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です