ジャンク品 Macbook pro

ニューヨークから持って帰ったMacbookが立ち上がりません。 すでにimacがあるのでサブ機としても使用していないのですが、コロナの影響で小学校授業が一部オンラインになったりと必要が迫られてきています。家にあるノートブックはどちらも10年以上落ちになりますので新調が迫られてきました。現行モデルのmacbook pro, airと軽く10万超えです。ipadに種類があるのも初めてしりました。ipadは鉛筆がついているので、絵も描けますね、こちらもよろしいかもしれません。

まずはオークションでジャンク品のmacbook proを探します。この場合、個人でなくなるべく商店が吉でございます。電源が入って起動する物、起動さえすればmotherboardが生きている証拠でございます。

ニューヨークではデザイン会社のインターンで毎日20台づつぐらいMacを見ておりました。当時はスティーブンジョブズが復帰して、カラフルなおにぎりのimacが売れていたときです。会社でデザイン志望したのですが、違う部署に回されてハードディスクの入れ替え、メモリーの増設、マウスの修理、osが立ち上がらないのでextensionのチェック、特殊アプリにドングルを挿したりと多種多様なことをやっておりましたので、だいたいmacの構造を熟知しております。電脳社会の世の中になりましたので、大変良い経験をしたと今となれば思っております。

さて15000円ほどで買ったmacbookproのジャンク品にSSDのHDはとりあえず新調しまして、あと調べますと、線が一つ外れていたので、接続するとwifiとblue toothが復活しました。この二つが使われなかったので格安になっていたのでしょう。以前持っていたmacbookからハードディスクを抜いて外付けHDとして使用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です