衣装あわせ、Joyce sohoでダンスを観る

ディレクターのアンディが「こうやって、ああやって、で腕をへし折る」
っと簡単に云いよりますが、まあ何とかなるやろう〜と三文役者やけどね。
それと平行して、警察役が犯人を捕まえるシーンのリハをしてます。
「手錠はこうやって、ここ待って、こうするのや」っと
さすが元NYPDニューヨーク市警の警官だけあって、逮捕術の即席教室に
リハが早変わりです、後ろ手になった犯人にたいして立ち位置や
拳銃にリロードの仕方、フォルダーから拳銃の出し方まで、なかなか
おもしろな、やっぱりルーティンがあったんやねえ、っと

ウカウカしてられなく、次はSOHOのJoyce sohoってスタジオで
ダンスのショーです、コンテンポラリーダンスですな、前に舞台で
競演した葵ちゃんが振り付けもするからっということでして
席は後ろの方で左奥でしたかね、まあまあの位置でしょうか。
4組出てきましたが、ニューヨークやからかしれませんが
ダンスかコントか要は変わった出し物なんか出ますねえ、完全に
観客に解釈に任せる感じでストーリーはあってないようなのが
最近多いような気がしますけど、今度振り付けのミクニちゃんに
聞いてみましょう、さてさて、葵ちゃんですがこちらは
コンテポラリーダンスの王道をいくような作りでございまして
こちらはダンサーの技量勝負でして、なかなか見ごたえがありました。
やっぱり葵ちゃんは上手いですなあ、よく練習してるのが
見受けられます、身体が停止してるときに完全に力を抜けきって
いて動きはシャープであります、いやさ素晴らしい、他のメンバーも
よかったですが、やはり葵ちゃんが上手かったですな。

5月は知り合いのショーが立て続けにありますから、また報告します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です