そろそろデジカメを

デザインの仕事がちらりほらりと入ってきました
デジカメの購入を考慮しなければいけません。
先日の◯ーナンでの購入失敗から◯ーナンでの買物を
控えようと思いますが

以下の3つは良いと思います
それぞれ特徴がございます

性能が良い
安い
耐久性がある

その1、リコー
GR DIGITAL III

大口径レンズ「GR レンズ 28mm F1.9」
値段¥53,959

その2、パナソニック
LUMIX DMC-FS7

この性能でこの値段で¥14,175
画素数:1030万画素(総画素)/1010万画素(有効画素) 光学ズーム:4倍 撮影枚数:
360枚 手ブレ補正機構:○ 顔認識:○
この性能、技術大国日本の実力をいかんなく発揮

その3、カシオ EX-G1

タフなあいつが帰ってきたな。
存外に扱っても大丈夫というのが嬉しいでしょう、デジカメやから
丁寧にさわらないとっという概念を打ち破るそんな逸品でしょうか
4万円前後らしいですね、1/29発売だそうです。

しかし、kakaku.comのレビューのデザインというのは
何でしょうか、なぜフェラーリ の車がかっこいいか「速いから」です。
工業製品は性能が良い、イコール、デザインが良いなのです
主観や、うんちくは関係ございません。

デザインの定義は何でしょうか、主観的、客観的、機能的
21世紀のデザインの多様化は、もはや工業デザイナーの意図とは
離れた存在にあるのではないでしょうか。

日本は技術大国であります、それは12世紀からの禅思想の副産物で
「ものに命が宿っている」このことから(物を存外に扱わない)
日本の工芸品は(工業デザイン)機能美の中で最も美しいでしょうか
その中の最高峰といえば日本刀でしょう。
「ただ斬るがために」その一点を追求するあまりにその機能美は
やはり世界に名だかるゆえんでしょうか

メトロポリタン サムライ展

居たら行ってたのになあ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です