演武と見学と公開練習

今週末は阿倍野で学習発表会でございました、ワタクシ生徒の演武で
雨が降ったら行けると云っていた、庭師のユダヤ人の代わりに自然門の
対打の型”八歩釣”に出ようかと思ったのですが、(当日は晴れました)
先週成長著しいユダヤ人の生徒の左の肘から手首までの内側が真っ青に
なっておりました、これは八歩釣でワタクシがスマッシュしたのが
丁度急所に入ったのでした、打った瞬間にやったかなって思ったのですが
その週ユダヤ人生徒は庭師の仕事で大変やったとこぼしておりました
生徒に怪我をさせないっというのが信条のワタクシです、当日朝まで
迷いましたが、今回は取りやめにしときました、演武でゆっくりしても
しょうがないかなって思った次第でしたですが、加減はしないといけないと
今回の怪我の具合を見て反省いたしました

さて演武でございます
五歩拳を五人で前回より立ち位置などの具合もよくチームワークも良くなっております
良しでございます、個人の技量も上がっております

酔拳、前回の改良版でございます、場所が少々狭いございましたが、改良版は前回の
時よりもスムーズに動けているのではないでしょうか、動作のメリハリも良くなってきました

剣、武器での演武は初めてとのことでしたが、堂に入っていたのではないでしょうか
時間がなくて、最後は急いで作ったのですが、それでもしっかり練習していたようです
悪くありません、もうすこし続きがありますので続きをしないといけませんね

長拳、大会に出場した子ですので心配はしておりませんでした、ストレッチキックも良しです
飛び技の練習を増やすのとスタンスを確立させて来年の大会ではメダルを狙っていかないと
っとワタクシは思ってますが、こればかりは本人次第でございます

基本長拳、この子も大会に出場したので、問題ございません、この子も精度をあげて
次回の大会では勝ちにっと思ってますが、これも本人次第でございます

っと無事に終わって、我々の次の次に行われたマジックショーを皆でしばし観覧で
ございます、ワタクシ、ブルックリン出身のDavid Blaineのファンであります
このマジシャンは町中の人の歯を盗んだり、ハーレムの黒人の時計をすったり
乞食のコーヒーからお金をザックザックと湧かしたりと、テレビに釘付けでございました
そんなマジックショーを期待しておりましたが、30年やってるというマジシャン達の
様を見てただただ哀れに思うばかりでございました、鳩の一つでもシルクハットから
出すでもなく、君らは週一回の練習で何をしとるんやっと憤慨したところで
しょうがございません、唯一評価出来る点は歯切れの悪いジョークが聞けた
ことでしょうか

つづく…….


本物はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です