1000日目がもう間も無くやってきます

2017年に香港へ行ってきまして、武術歴60年の洪家拳の師父に会った時、私は武術が上手だと増長慢心をしているのに気づきました、帰国後2017年の3月28日から初心にかえり毎日アイロンリングで身体を鍛えております、来月12月22日で1000日目になります、どこの門派でも基礎鍛錬方法が備わっています、八極門なら大槍ですね、ニューヨークに居たときは兄弟のペドロと一緒に練習しました、この大槍は最初は扱いが難しく、腕ばかり疲れるのですが、そのあと腰、足と連動いくようになります、同様に自然門のリングも最初は腕に鉛が挟まって出血をしたり内出血などするのですが慣れれば腰で打てるようになります、1000日すると感覚で最初の300日以降、500日以降、800日以降と課題が変わってきたように思います。

「学んだことを復習するのは、覚えるためではない。何回も復習するうちに、新しい発見があるからだ。」この言葉につきますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です