領事館

およそ14年前でしょうか、ニューヨークでメッセンジャーのバイトを
していたときです、メッセンジャーの仕事ですので多くの領事館に
行ってその国の贅を尽くしたマンハッタンの領事館にため息がもれた
ものです、マンハッタンの一等地で吹き抜けのフロアーのブラジル領事館
優しい笑顔で微笑むフランス領事館の受付、全面大理石でロココ調の
イタリア領事館、書道や生け花の展示などがある日本領事館

さて、やってきました、中国領事館マンハッタンの42丁目なかなか
の一等地と思いきや12 Aveとマンハッタンの端っこNYPDの騎兵隊のお隣
(騎兵隊とは響きがよろしいですが、馬小屋の横)
昼前の11時過ぎにまいります、混雑して雑然としております。
皆、タバコを吸いながら、馬糞のにおいもやんわり漂ってまいりました
折しも冷房が壊れていたみたいで、大型扇風機がワンワンいっております。
8月頭の真夏日でございました、フォーク並びなどなく、ただただ目の前の
順番を待っております、「この列は遅いのでないのかと」っと嫌な
予感というのは十中八九当たるものであります。前の順番まで来た時
狭い暑い馬糞漂う領事館の時計が12の針を指しました、一斉にガラス越しの
窓のシャッターが落ちて終了であります、この手際の良さは素晴らしいと
関心しておれません、領事館備え付けの公衆電話からメッセンジャーの
事務所に電話しようと思いましたら、故障中でありました。
「さらに」と呟いた次第です、かれこれ14年前であります。

先日大阪阿波座の中国領事館に行って参りまして、警察の方が親切に
場所をおしえていただき、12時で閉まるところをちょっと過ぎたいたのを
入れてくれました、ありがたきであります、かくして中国武術修行行きが
現実味をおびてきましたな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です