阿倍野演武の総括

10月から始まった演武三連発の最後でございました
3回ぐらい出演している子はだいぶ動作も固まってきたでしょうか
実際に調整方法など模索する状態が続いてますが、前日、数日前は流しでなく
キツメの方が良い傾向だと思われます、まあ演武も練習の一環ですのでね
あくまで普段の延長と捉えて舞台上がった方がよろしかと

さて前出の話で午前中にテックリハをしまして
1人板付き、暗転から、音出して下さいと、最後は全員出て来て礼して終わりですっと
プロの監督さんと話をしておきましたので、トップの子は舞台慣れした子が良いだろうと
いうことで、舞台側に失礼がないようにと一応気遣いをしておきましょう
他所では音出し遅れたりライティングのタイミングがむちゃくちゃだったりしたのですが
今回は華乃ちゃんの動きだしに注文を入れます、ライトが当たって音が鳴って「間」を
わざと空けてから動きだしなさいと諭しておきました、観客が魅入ったその刹那に
動いてくれました、良かったです、ライトを全開でなく8割ぐらいがよかったでしょうか
少々ライトを絞り気味の方が映えたかな、どかな
前回は3つの型を用意しておくように注文しまして、直前でサイコロで決めましたが
マイルス・デイヴィスのセッションの緊張感が出るかと
こちらも手を替え品を替えてやります、どんな状況下でも最高のパフォーマンスが
出来るよう目指しますが、今回は2月の大会に向けての予行ですので長拳に絞ります

長拳B
10月の映像と見比べると見違えております、スピード、スタンスよしでございます
ジャンプは今月、来月中にはものにしないといけません、基礎体力の底上げも
まだまだしないといけません、毎日コツコツこれが一番の近道ですが、一番難しいです

酔拳
動きのコントラストと地弾とのコンビネーションが酔拳の軸になってきます
前回もよかったですが、今回もよかったです、特に地弾系の技にキレが出て来た
と思います、客席から喝采を浴びておりました、よろしかったと思います
次は難易度を少しあげて数点手直しをする予定です

初級長拳
この子は典型的に本番に強いタイプだと思いますが、どうでしょうか、笑
直前の練習で間違って直した所を本番で修正してより良くなってました
ストレッチの能力はずば抜けております、あとは頑張るのみでございますね

八卦掌
やればやるほど難しいと云っていた、八卦掌ですが裏を返せばレベルがあがるのに
伴って要求する技術があがっていっているのです、螺旋の動作、それから旋回
軸点、アライメント、これらの要素の理解力が上達してきましたので
楽しみな逸材でございます

長拳
この半年で目に見えて成長したのではないでしょうか、武術といいましても
基礎体力の向上なしに上達はございません、まだ子供ですのでそれほど筋トレを
重視しませんが、ストレッチはしっかり出来てきました、自ずと型の質感が
上がってまいりました、スタンスを固めだしたらもっと良くなるでしょう

五歩拳(7人)
丹後から一名来てくれました、五歩拳をしにです、師父冥利につきます
それから新たに演武に参加した子供がありました、心配はそれほど
しておりませんでした、よく練習しているのを知っていたからです
観なくても練習してるか、してないか、ぐらいはわかります
始まる前に頑張れと声をかけておきます、それでオッケーでございました
フォーメーションですが、7人で少々フォーメーションの練習も
してましたのでテンポ良く出来たのではないでしょうか

あとは2月の守口の大会ですな、ここに繋げていければと思います
焦らず行きたいですが、一番焦っているのはワタクシの様な感じですが、苦笑
平常心で日々精進したいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です