ペドロの八極拳

とひさしぶりにニューヨークのペドロに電話していろいろ話をします。
っといっても武術の話ばかりでありますが、笑
なもんで八極拳の検索をしてみますと
李書文 八極拳(李書文−李萼堂−李志成老師)と
ありますペドロは李書文→劉雲樵→戴士哲→ペドロの流れで劉雲樵師父にも
台湾で習ってますので動きが多少マイルドです、(リンクの李書文系よりっということ)

ベネゼエラの特殊部隊に武官講師で来られた*戴士哲師父のもと戦闘トレーニングを
してますので、マイルドっと云いまして動きは完全に「殺しの調べ」が含まれてます
(ペドロも元ベネゼエラ軍の武術講師)
何回すっ飛ばされたか、だいたい一回の練習時間が二人きりで4時間平均って
もうあんな練習は出来んな

「万勝双刀」最後に教えてくれたのがこの型でありました
八極拳士でもそんなに知ってる人いないよっということでしたが
税関で青龍刀没収されてますので、さて木刀を買って練習をしましょうか。

リンクの映像の六合大槍の膝の使いが微妙に違うのですけど、今度ペドロに
聞いてみましょう。私見ですが劉雲樵師父のところで八卦掌の動きが入って
柔の動きがだいぶ入ったのでしょうかねえ、ペドロは劉雲樵師父、最晩年の子弟ですから

*戴士哲師父、確か漫画「拳児」の中で台湾で太極拳を教えていた人物のモデルらしき人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です