月別アーカイブ: 2020年10月

献杯と乾杯

朝、月に一度の障害者支援のクラスへ行き、職員のお姉さんと話をします。以前働いておられた若い職員の女性が亡くなられたと聞きます。障害をお持ちで働いておられる彼女の美しい笑顔が鮮やかに蘇ります。今年始めにお会いした時は元気で実家の橿原の方にいますと言っていましたね。本当に胸いっぱいです。

夜、何年かぶりに女の子がクラスを受けに来てくれました。最初に教えたのは中1で14才ぐらいでしたか。今は24才で来週結婚式なんですと、素敵な旦那さんも連れて来てくれました。学校などの問題で悩んでいて親御さんに相談を受けたり、また一生懸命武術をしていた当時を思い出します。本当に胸いっぱいです。

ワンカップ片手に献杯と乾杯の静かな夜です。

アンケートと統計

障害者の方々のアンケート

ただただ武術を教えているだけでは、指導内容が向上しませんので、障害のある方にアンケートをしてもらい、参加されている皆様がどのように思っているか率直な思いを取らせてもらいました。コメントはプライベートな事柄などありますので、割合させてもらってます。

結果はもう少し厳しい意見があるかと思いましたが、概ね良好に思っておられるみたいですが、絶対数が少ないので、まだまだ統計としては確固たるものではありませんが、このようなデータがでました。

職員の方

職員の方にもアンケートを受けていただきました。障害者の方達との相違点は職員の方は練習内容に筋トレと書かれた方がいなかったのに対して、障害者の方は筋トレ重視の方がおられたことです。このあたりの差は何なのか次回ミーティングで話していけたらと思います。

最後にアンケートを真摯に答えていただき、たくさんのコメントや病名など教えていただきありがとうございました。