講師の履歴

当団体の武術講師、林隆志氏は中国武術を1996年から2008年まで米国ニューヨークで学び、同時に2001年はデザイン会社を設立しましたが、その道のりは平坦なものでなく、米国で様々なボランティア活動の支援を受けました(ESL、留学生カウンセリング、Free art NYCなど)2008年帰国後、当団体の武術教室を設立する際に留学生、海外労働者の支援も見据えて設立し(ドイツ、イタリア、ニュージーランド、アメリカ、イスラエル)2009年から武術クラス無償化し、一般の生徒と留学生が英語で会話が出来るような環境を作りました、現在関西エリアにおいて行政、民間、地域など定期的に国際交流等の提供、支援する機関がありません。それは留学生や海外労働者と同時に日本の子供達を指導できる教育者、指導者が育っていないからである。子供達のコミュニケーション能力ひいては英語能力の向上と異なる文化を留学生が、互いの文化的違いや価値を受け入れ、尊重し、新たな関係性を創造することを目指す社会を構築することを我々は目的とする

・2004年 全米武術上級者素手部門優勝
・2005年 全米武術上級者素手部門優勝

・師父に「身体に障害あっても、精神に障害あっても、意思疎通ができなくても、武術は教えることが出来きる」「武術は決める技術、今何をするかというのを正確に速く正しく決める技術」と教えられてきた。

・2008年帰国時に、留学生の支援を志、日本でも留学生や地域住民が互いの文化的違いや価値を受け入れ、尊重し、新たな関係性を創造することを目指す社会を目指す